2016年

2月

14日

MAGIP ambassadorの渡辺裕之さんが茨城県、一日不法投棄撲滅隊長に任命されました。

2016年2月12日(金)

 

茨城県の一日不法投棄撲滅隊長に任命され、「スロージョギング夢拾い活動」と「ゴミ拾いジョギングから考える身近なゴミ問題」と題した基調講演を行なわれました。

久しぶりに渡辺裕之さんに会い、拾いながらご挨拶をさせていただきました。

 

 

MAGIPのPRをさせていただきました。

 

 

裕之さんから、当社の紹介からゴミ拾いへの取組みの説明をしていただきました。

 

 

夢拾いについて、これからオリンピック•パラリンピックに向けてどうあるべきかなどの考え方をお話されました。

 

 

講演会会場は隣の小美玉市の「みのーれ」に移して基調講演が始まりました。

 

参加者は約500名規模で、満席状態で、行政関係者や地域や地域企業の方々でした。

 

会場前に、MAGIPの紹介ブースを設けさせていただきました。

 

 

佐竹監督のドキュメンタリー映画「みんなの海だから」を上映して現状の漂流ゴミの

 

問題やマイクロプラスチック問題などの説明があり、素晴らしい啓蒙活動になり、

 

皆さまにMAGIPの想い、製造メーカーの紹介として、私たちの取組みをご紹介して

 

いただきました。

 

 

ゴミの現状と拾うコトの大切さを解り易く教えて下さいました。

 

 

基調講演の〆は皆で「ファイト 一発!」の雄叫びをあげてお開きになりました。

 

500名が環境活動家に変身した瞬間でした!